甘酒ダイエットを1週間実践してみた!効果や体験談をクチコミします

美肌(photo AC) 甘酒
acworksさんによる写真ACからの写真

甘酒によるダイエットを実践

以前の記事で甘酒を使ったダイエットの方法や効果をまとめました。

甘酒でダイエットできる?甘酒ダイエットの基本的な実践方法まとめ
「飲む点滴」と言われる甘酒でダイエットもできるらしい!基本的な実践方法とポイントをまとめました。

おりしも未曽有の長期連休があり、暴飲暴食を続け大した運動もしなかった結果、なんと10日間で1.5kgも太ってしまった私…!

男性であれば誤差の範囲なんでしょうが女性の私からすれば大打撃です。

「これはきっと天の啓示…!実践してみろと言われているに違いない…!」と理解し、1週間の甘酒ダイエットを敢行!

ダイエットの効果はあったのか、ストレスは溜まらないのか、おなかは空かないのか…など気になる点についてクチコミしていきたいと思います!

また、甘酒ダイエットのやり方も基本のやり方から少しアレンジしているので、私が実践した方法についても書いていきます。

気になる効果から!結局痩せたのか??

ダイエット(photo AC)

みなさんが一番気になるのは「結局痩せられたのかどうか」ということでしょう。

さっそくこちらから!

体重は1週間で1kg減

体重計イメージ

akizouさんによる写真ACからの写真

結論から言えば1週間で1kg痩せました。

短期間で増やした体重だったので落ちやすかったということもあるかと思いますが、いずれにせよ減りました!

体重減以外に実感した効果

今回1日200mlの甘酒を飲んでみて、体重減以外に以下のような効果を実感しました。

  • おなかの調子がすごく良くなった
  • お肌がつやつやになった(特におでことかかと)
  • ひざ下のむくみが楽になった

こちらは詳しく書くと長くなりそうなので別の記事にまとめようと思います。

次に、実践した甘酒ダイエットについて詳しく書いておきたいと思います。

実践した甘酒ダイエット

メモ

写真:photo AC

基本のやり方は「1日200mlの米麹甘酒を朝昼晩どれか1食と置き換える」というもの。

しかし「なんかいかにもおなかが空きそう」というのと、以前甘酒の種類について調べた際に砂糖不使用であれば栄養素的には酒粕甘酒のほうがダイエット向きであることがわかったので、今回実践するにあたり以下のようにアレンジしています。

・飲む甘酒は「米麹+酒粕」の手作り甘酒
・更に「きなこ豆乳甘酒」にアレンジ
・「きなこ豆乳甘酒」を2回に分けて飲む
上記についてひとつひとつ詳しく書いていきます。

飲む甘酒は「酒粕+米麹」の手作り甘酒

酒粕米麹甘酒

こちらの記事(甘酒でダイエットできる?甘酒ダイエットの基本的な実践方法まとめ)を書く際にいろいろ調べた際、どの情報も「飲む甘酒は米麹甘酒が基本」とされていたのでそのように記載をしました。

しかし、酒粕甘酒には油分などを吸着して体外に排出する「レジスタントプロテイン」と呼ばれる栄養素が含まれているため、本来酒粕甘酒のほうがダイエット向きのはずなのです。

(詳しくは【甘酒の基本】甘酒の種類と選び方、期待される効果まとめで紹介)

ただ一方で、酒粕甘酒は一般的に砂糖を使用して甘味を付けているため、それで「米麹甘酒が基本」とされている理由ではないかと思いました。

そこで、今回の甘酒ダイエットでは砂糖の代わりに米麹で甘味を付けた酒粕と米麹を使った手作りの甘酒を飲むことにしました。

作り方は別の記事でまとめています。

【最強の甘酒?!】砂糖不使用・酒粕と米麹甘酒の甘酒レシピ
酒粕の甘酒も米麹の甘酒もそれぞれ違う長所があり、「どっちを飲めばいいの?」と迷ったら酒粕と米麹甘酒両方を使った甘酒を手作りしてみませんか?砂糖不使用・酒粕と米麹甘酒両方を使った甘酒のレシピとアレンジ方法をご紹介します。

更に「きなこ豆乳甘酒」にアレンジ

基本のやり方は「甘酒200mlを一食置き換え」なのですが、確実におなかが空きそうなので、きなこと豆乳でたんぱく質や食物繊維を補強した「きなこ豆乳甘酒」を飲むことにしました。

きなこ豆乳甘酒

(作り方はこちらの記事で紹介しています。砂糖不使用・酒粕と米麹の甘酒レシピ

1日甘酒200ml分なので、レシピを二倍量で作ります。出来上がり量は340ccくらい。

きなこや豆乳が入るとかなり腹持ちが違いますし、見た目的にも340ccってかなり量があるのでなんだか安心です(笑)

朝食にきなこ豆乳甘酒を半分+フルーツを食べて、AMの空腹時に残りの半分を飲む(2回に分けて飲む)

甘酒ダイエットのやり方では「朝ごはんを甘酒に置き換えるのが最も効果的」とされていたので、ここはセオリー通りに朝食を甘酒に置き換えよう、と思ったのですが…

自分の食生活を振り返ると、通常、私は朝食をまあまあしっかり食べています。

大体トースト・フルーツ・ヨーグルト・カフェオレ。

≪↓イメージ図≫

朝食写真(イメージ)

risuさんによる写真ACからの写真

にも関わらず、おなかが空いてAM中におやつを食べてしまったりするのに、朝に上記のきなこ豆乳甘酒340cc飲んだだけでは確実に午前中持たないな…というのが始める前から想像できました(笑)

そのため、以下に変更して実践することにしました。

  • 朝食にきなこ豆乳甘酒の半分(170cc)と、満足感を得るために固形物(フルーツ。バナナとか)を食べる
  • AMおなかが空いたときに残りの半分(170cc)を飲む

結果的にこれは大正解でした…!

のちほど実践中の感想を書いていくのでその中で記載させていただきます。

昼食・おやつ・夕食はいつも通りに食べる

お昼以降は通常と変わらない食生活をしていました。

参考までに以下のような感じです。

【お昼】

平日は基本的に自作のお弁当です。

≪↓イメージ(願望)≫(実際はタッパー詰めのおしゃれでないお弁当です笑)

お弁当(イメージ)

t*********************mさんによる写真ACからの写真

週末2日間は外食でした。

ちなみにピザとお寿司…高カロリーですね(笑)

 

【おやつ】

いつもついチョコレートやクッキーを食べてしまうのですが、この週も普通に食べていました。

カロリーでいうと200kcal分くらいだと思います。

【夕食】

特に制限なく食べていました。

メニューはオムライスやからあげ、天丼など(カロリー高そう)。

≪↓イメージ図≫

オムライス(イメージ)

t*********************mさんによる写真ACからの写真

単品でなく、サラダや小鉢など副菜も食べてます。

通常時より少しカロリー高めのメニューが多かったかも。

基本的に、午前中だけ甘酒メインで頑張ってお昼以降は好きなものを食べる、という生活でした。

甘酒ダイエットに関する私の体験談とクチコミ!おなかは空かないの?ストレスはたまらない?

ストレスイメージ

acworksさんによる写真ACからの写真

ここからは実践してみた感想(私のクチコミ)を書いていきたいと思います。おなかは空かないのか、ストレスはたまらないのか…個人の感想なのでみんな同じではないかもしれませんが参考にしてみてください!

AMは10時過ぎ~11時くらいにすごくおなかが空くが、残り半分の甘酒で乗り越えられる

朝のきなこ豆乳甘酒(半分の170cc)は朝の7時くらいに飲んでいたのですが、そうすると早いときは10時、遅い時でも11時くらいにはすごくおなかが空き始めます。

そこで登場するのが残しておいた残りの半分の甘酒…!

私はおなかが空き始めたら、ひとくちかふたくちずつ残りの甘酒を飲んでいました。(更にお水も飲むと、一時的に空腹感がなくなります。)

で、またおなかが空いてきたらまたひとくちかふたくち飲んで落ち着かせ、

再度おなかが空いてきたらまたひとくちかふたくち飲んで落ち着かせ…して

午前中を乗り切っていました(笑)

ストレスはそんなに溜まらなかった

私の場合ストレスはほとんどたまりませんでした。

その理由として以下が挙げられるように思います。

  • 甘酒は甘いので、「甘いものを我慢するストレス」がない
  • AMは確かに早くおなかが空くが、残りの半分を都度飲めば問題ない
  • AM以外はいつも通りの食生活でいいので、「我慢するのはAMだけ」と思える

私の場合、ダイエット中は「甘いもの食べちゃだめ」という気持ちが常に頭の中にあることで、逆に甘いものが食べたくなるという負のスパイラルがあります(笑)

甘酒は甘いので、甘いものを摂ることで気持ちが落ち着くような気がしました。それに午後になったら好きなもの食べれるんだから、というのも大きい…!

いずれにせよ、基本的に全然ストレスを感じずに一週間過ごしました。

今回は一週間続けましたが、食べすぎた翌日の調整にもよさそう

今回は体重を落としたかったので1週間続けたのですが、例えば食べすぎた翌日にこれで調整する…とかいう方法で体重キープにも使えそうだなと思いました。

甘酒はゆるいおかゆ状なので胃にやさしい感じがするし、何よりおなかの調子がハンパなくよくなったので気持ち的にもデトックス感がすごい(笑)

あくまで私の場合で、全員に同じ効果が出るかはわかりませんが、甘酒ダイエット結構おすすめです。

Follow me!

コメント

  1. […] 甘酒ダイエットを1週間実践してみた!効果や体験談をクチコミします甘酒… […]