【甘酒レビュー】八海醸造「麹だけでつくったあまさけ」

甘酒

一時は売り切れが続出した八海醸造の大人気商品

「糀だけでつくったあまさけ」は、日本酒「八海山」を醸造する新潟の八海醸造がつくるあまさけ。NHKのあさイチでも紹介され、ネットでもスーパーでも完売状態が続いていた大人気の甘酒です。八海醸造は2015年11月に「八海山あまさけ製造所」を新設、増産体制を敷いていて2019年現在ではスーパーでも手軽に購入できるようになりました。

商品名のとおり「原料は麹のみ」の甘酒

酒粕使用ではない甘酒は通常原料に「米・米麹」が使われていますが、八海山の「麹だけでつくったあまさけ」はその名の通り原料は麹だけ。麹に使用されているお米は、日本酒を仕込むときと同様に精米がされていて、こちらは精米歩合60%(玄米を40%削った状態)のお米が使われています。

さらっとしていてすっきりした甘さ

麹の甘酒はどろっとしているものも結構ありますが、こちらの八海山の甘酒は麹だけで造られているからか質感がとってもさらっとしています!麹の香りはわりとしっかりめ。ただ甘さがすっきりしていてしつこくありません。麹甘酒のおかゆっぽい質感が苦手な方や、麹の香りは好きだけど甘すぎる甘酒は苦手…という方におすすめ。

牛乳などとも割りやすい

おかゆっぽい質感の甘酒だと、牛乳などさらさらした液体と混ぜにくかったりしますが(あと混ぜてもお米の部分が下に沈殿してしまったり)、八海山の甘酒はさらさらしているので甘酒をグラスに入れてから牛乳を注ぐだけで普通に混ざります。あと、個人的に麹の風味が強い甘酒は牛乳と割ると麹の香りと乳の香りがけんかする感じがすることがあるのですが、八海山の甘酒はあまり気になりません。

冷たいままでも温めても

最近人気のある麹の香りが弱くてすっきりしたタイプの甘酒は温めると風味が飛んでしまったり薄く感じるものがありますが、八海山の甘酒は味がしっかりめなので温冷どちらでもいけるかんじです。

プラスチックボトル入りが嬉しい

「麹だけでつくったあまさけ」は牛乳パックくらいの太さのコンパクトなプラスチックボトルに入っていて、個人的にはこれがとっても嬉しい…!買うときも重くないし、捨てるのも瓶に比べ手軽です。また、こちらの甘酒は要冷蔵品なので冷蔵庫に入れなければいけないのですが、横にしたときも瓶ほど場所を取らないので買いだめしやすいんですよね。

価格・気になるカロリーなどの栄養成分は?

「麹だけでつくったあまさけ」は825g入りで800円(税抜・2019年2月現在)。見た目コンパクトなので入っている量が少なく見えるのですが、実は825gと結構入っています。割高ですが小さいボトル(118g入り:190円)もあるのでお試しならこちらがおすすめ。

栄養成分は裏面表示で以下の通り記載があります。カロリーは100gあたり105kcalです。

栄養成分表示(100gあたり)
熱量 105kcal
たんぱく質 1.3g
脂質 0.1g
炭水化物 24.8g
食塩相当量 0.0g

 

 

 

Follow me!

コメント

  1. […] […]