【金スマ】で話題!痩せる味噌汁ダイエットのレシピと実践方法

おみそしる 味噌

おみそしる

2019年2月15日放送の「金スマ」こと「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」でお味噌汁を使ったダイエットが紹介され話題になっています。

TVで紹介された「痩せる味噌汁ダイエット」の概要とレシピ・実践方法をまとめました。

金スマで紹介された「痩せるみそ汁ダイエット」とは?

「痩せる味噌汁ダイエット」は順天堂大学医学部教授の小林弘幸先生が提案するダイエット。

小林弘幸先生はベストセラーとなった「医者が考案した長生きみそ汁」の著者で、金スマ以外にも世界一受けたい授業など他のTV番組にも出演されています。

「痩せるみそ汁ダイエット」は基本的に「一日一回みそ汁を飲む」というダイエット方法です。番組内では東尾理子さん、丘みどりさん、大場久美子さんが10日間実践されみなさん体重が減少されていました。

「痩せるみそ汁ダイエット」は使用する味噌がポイント!

「一日一回みそ汁を飲む」と聞くと「なんだそれだけ??」と思うかもしれませんが、ポイントとなるのは使用するみそ!「痩せるみそ汁ダイエット」には小林先生考案の「スペシャルみそ」を使うんです。

みそ

「スペシャルみそ」って?

「スペシャルみそ」は赤味噌・白味噌・玉ねぎ・リンゴ酢を混ぜたみそで、「長生きみそ汁」にも同じ味噌が使われています。

それぞれの材料には以下のような特長があります。

赤味噌:強い抗酸化作用を持ち、血糖値の上昇を抑制するとされる「メラノイジン」が豊富
白味噌:ストレスを軽減してくれる「GABA」が豊富で、スプーン1杯にヨーグルト100g分の乳酸菌を含む
玉ねぎ:腸内環境を整える「オリゴ糖」を含有
リンゴ酢:善玉菌の餌になる「グルコン酸」を含有
赤味噌で血糖値の急な上昇を抑え、乳酸菌が豊富な白味噌・その乳酸菌を増やす成分を含む玉ねぎ(オリゴ糖)とリンゴ酢(グルコン酸)で腸内環境を整える、と普通のおみそ汁を飲むより身体によい効果が出るよう材料が組み合わされています。また、ダイエットにはストレスがつきものですが(笑)、白味噌にはストレスを軽減してくれるGABAが含まれています。

「スペシャルみそ」のレシピ

メモ

「スペシャルみそ」のレシピは以下の通り。

【材料】
赤味噌:80g
白味噌:80g
玉ねぎ:1個(160g)
リンゴ酢:大さじ1
【作り方】
①玉ねぎをすりおろす
②すべての材料をボールに入れる
③なめらかになるまで混ぜる
④製氷機に入れる
⑤冷凍庫で保存する
レシピにしたがって作っていきます。
今回はこちらの材料を使用しました。
痩せるみそ汁材料一覧
①たまねぎをすりおろして
たまねぎすりおろし(フープロ)

ブレンダー付属品のフードプロセッサを使用

もちろん普通にすりおろしてもOKです。

フープロを使うとあっという間にできるので持っている方は使ったほうがいいかも。

 

②それぞれの材料を計量します。
計量後がこちら。結構たまねぎの量が多いですね!
痩せるみそ汁 材料一覧(計量後)
③計量したら、すべての材料をボウルにいれます。
材料をすべてボールに入れる
赤味噌は単体だと結構固いのですが、たまねぎがたっぷり入るので簡単に混ざりました。
混合後
④1回分ずつ製氷皿に入れます。12個で大体1つ30g弱。
製氷機へ
⑤冷凍庫で保存します。
凍ったら、フォークを製氷機のふちに差し込んでテコの原理でひっかけると簡単に取れます。
作るのにかかる時間は10分くらい。
(たまねぎを手ですりおろす場合は+5分くらいかかると思います。)

「スペシャルみそ」のお味は??

材料を計量した際にも触れましたがたまねぎが結構しっかり入っている&りんご酢が入っているので味はどんな感じなのか気になりますよね。

上で作った「スペシャルみそ」はそのままお湯に溶いて飲んでもいい、ということでそのようにして飲んでみました。

たまねぎの味はちゃんとしますが、出汁の役割を果たしていて味に深みを与えています。お味噌汁なのですがちょっとスープ感もあります(洋風のスープは炒めたまねぎを使うものが多いからかも?)。作りたてはたまねぎの主張が強く、口の中がたまねぎ臭くなりますが(危険!笑)、冷凍で時間を置くと落ち着いてきます。

リンゴ酢の味はそれほど強くなく、最後みその濃い部分を飲むときには少し酸味を感じますがこれはもしかしたら赤味噌の味かも?味の感じ方は個人差がありますが私は気になりませんでした。

この「スペシャルみそ」でお味噌汁をつくる場合は出汁はなくてもいいそうですが、そのまま飲む場合やお味噌汁に出汁があまり出ない具材(豆腐とか)を使う場合はプラスで顆粒だしやかつおぶしを混ぜてもいいかもしれません。

「痩せるみそ汁」ダイエットのやり方と飲むタイミング

食事

「痩せるみそ汁ダイエット」は基本的に1日1回、上記で紹介した「スペシャルみそ」を使ったおみそ汁を飲むだけのダイエットです。1日のうちどのタイミングで飲んでも構わないのですが、食事の際に飲むときには「食事の一番最初」に食べるのが効果が高いそうです。

・1日1回、スペシャルみそを使ったみそ汁を飲む
・飲むタイミングは1日のどのタイミングでもOK
・食事の際に摂る場合は、食事の一番最初に飲む

「スペシャルみそ」を使ったみそ汁レシピ

番組内では上記で紹介した「スペシャルみそ」を使ったおすすめのみそ汁レシピを4品紹介していました。以下がそれぞれのレシピです。

長芋と梅のみそ汁

【材料】(2人分)

みそ玉・・・2個
長芋・・・・150g
梅干し・・・1個
水・・・・・300cc

【作り方】

1.長芋のヒゲをコンロであぶり、皮ごと7mmのいちょう切りにする
2.鍋に水を入れて火にかけ、沸騰したら1.の長芋を加え2分ほど茹でる
3.火を止め、スペシャルみそを溶かす
4.梅干しの種をとり手でちぎって入れたら完成!

長芋を皮ごと使うのですが、コンロで皮をあぶることでヒゲだけが簡単に取れるそうです。長芋の皮むきをしなくていいので作りやすいですね。

さば缶とたけのこのみそ汁

【材料】(2人分)

みそ玉・・・・・2個
さば水煮缶・・・1/2缶(100g)
たけのこ水煮・・80g
酒・・・・・・・大さじ1
水・・・・・・・300cc
【作り方】
1.たけのこを3mm厚さの薄切りにする
2.鍋に水と酒を入れて火にかけ、沸騰したら1.を入れて1分加熱する
3.火を止め、スペシャルみそを溶かす
4.器にさば水煮を入れ、3.を注いだら完成!
すでに火の通っているさば水煮缶を使うので簡単なのに食べ応えがあります。

豆乳みそのお団子スープ(鶏団子の豆乳みそ汁)

【材料】(2人分)

みそ玉・・・・2個
鶏ひき肉・・・80g
長ネギ・・・・40g
しょうが・・・1かけ
調整豆乳・・・100CC
水・・・・・・200CC

【作り方】

1.長ネギとしょうがをみじん切りにし、鶏ひき肉と一緒にボウルに入れて混ぜる
2.水を鍋に入れて火にかけ、沸騰したら1.を一口大にまるめて入れる
3.アクをとり、豆乳を加えてひと煮たちさせる
4.火を止めてみそ玉を溶いたら完成!

鶏団子はスプーンで混ぜて成型すると手が汚れなくていいですよ。鶏の出汁とお団子で満足感があります。

おみそ汁で健康的なダイエット

「痩せるみそ汁ダイエット」は一日一回「スペシャルみそ」のおみそ汁を飲むだけ、という手軽なダイエット。無理な食事制限を行わないのでストレスなく続けられそうですね。

「スペシャルみそ」は書籍で紹介されているほかの「長生きみそ汁」も共通のみそ玉なので、ダイエットだけでなく健康的な食生活のために取り入れるのもいいかもしれません。

発酵食品を使ったダイエットは他にも

今回はスペシャルみそを使ったダイエットを紹介しましたが、他の発酵食品でもダイエットに向いている食材があります。

他の記事で甘酒を使ったダイエットについても紹介しているので、ご興味があれば読んでみてくださいね。

甘酒でダイエットできる?甘酒ダイエットの基本的な実践方法まとめ
「飲む点滴」と言われる甘酒でダイエットもできるらしい!基本的な実践方法とポイントをまとめました。
甘酒ダイエットを1週間実践してみた!効果や体験談をクチコミします
甘酒ダイエットを1週間実践!実践してみた感想とクチコミ、やり方など詳しい体験談です。効果はあったのか、ストレスはたまらないのかなど記載しています。

Follow me!

コメント