甘酒や西京味噌も作れる!ヨーグルトメーカーおすすめ機種4種と失敗しない選び方

おうち発酵食品
Photo by Alison Marras on Unsplash

ヨーグルトだけじゃない!ヨーグルトメーカーで作れる発酵食品

ヨーグルトを作るためには温度を一定に保つ必要がありますが、それをやってくれるのがヨーグルトメーカー!これがあれば牛乳に種となるヨーグルトを少し入れて混ぜるだけで簡単・手軽にヨーグルトを作ることができるため人気を集めています。でもこのヨーグルトメーカー、作れるのはヨーグルトだけではないんです!

「温度を一定に保つ」という機能を利用して、いろいろな発酵食品も作ることができます。

ヨーグルトメーカーで作れる発酵食品
  • 甘酒(米麹を使用したもの)
  • 西京味噌
  • 塩麹
  • 醤油麹
  • 納豆
  • フルーツビネガー
  • 水キムチ

上記の多くは普通に(常温で)作ると最低2週間以上かかるものが多いのですが、ヨーグルトメーカーを使えば6-8時間で出来上がります。発酵食品好きなら必ず持っておきたいアイテムですね!

各発酵食品で必要な温度帯・時間が異なる

さて上記で記載した発酵食品たちですが、彼らは生き物、すべて同じ条件で作れるわけではありません…!”ヨーグルトメーカー”というくらいですからどの機種でもヨーグルトが作れるのは当たり前として、その他の発酵食品も作りたいと思っている欲張りさんはまずどの食品にどの温度帯と時間が必要なのか以下の表で確認しましょう!

ヨーグルトメーカーで作る発酵食品の設定温度と時間
温度 時間
ヨーグルト(カスピ海・ケフィア以外) 40℃ 6時間
甘酒 60℃ 6時間
西京味噌 60℃ 8時間
塩麴 60℃ 6時間
醤油麹 60℃ 6時間
納豆 45℃ 24-48時間
フルーツビネガー 65℃ 12時間
水キムチ 35℃ 5時間

 

人気のヨーグルトメーカーと特徴を紹介!

さて作りたいものが大体決まったら次はいよいよヨーグルトメーカー選び!いろいろな会社さんがいろいろなヨーグルトメーカーを出しているので、どれを買おうか悩まれている方も多いのでは?筆者のおすすめはTANICAの2機種とアイリスオーヤマの2機種です!

ヨーグルトメーカーパイオニアの安定感!死角ゼロのTANICA「ヨーグルティアS」と「KAMOSICO」

TANICAは1971年からヨーグルトメーカーを製造しているヨーグルトメーカーのパイオニア!現在は主にヨーグルティアSKAMOSICOを販売しています。詳細のスペック表は下部にまとめますが、ヨーグルティアSはKAMOSICOのハイスペック版という感じ。ヨーグルティアSは設定温度が25-70℃までとKAMOSICOより5℃高く設定でき、これにより低温調理ができ、あとは細かい点ですがブザー機能とコンセント収納があります。KAMOSICOはそれらはありませんが低温調理はしないならKAMOSICOで十分です(あとKAMOSICOは見た目がちょっとかっこいい)。この2つの機種は何を作るにも作りやすく、作るのに手間がかからないのでいろんな種類の発酵食品をとにかく手間なく作りたい!というならTANICAのヨーグルティアSかKAMOSICOを選べば間違いないと思います!

商品を取得できませんでした。存在しないASINを指定している可能性があります。
商品を取得できませんでした。存在しないASINを指定している可能性があります。
TANICAの「ヨーグルティアS」「KAMOSICO」のおすすめポイント
  • 容器が電子レンジで消毒できる!
  • 容器の口が広くて混ぜやすい!
  • オプションアイテムが充実している!

まず「容器が電子レンジで消毒できる」というのが本当に便利です。他社さんの機種は、容器が陶器の場合熱湯消毒や煮沸消毒をする必要があります。熱湯消毒や煮沸消毒、結構手間なんですよね。その点、TANICAのヨーグルトメーカーはもともとセットになっているプラ製容器も別売りで変える耐熱ガラス容器も、付属のスプーンも全部電子レンジで消毒できます。らくちんですよね。

つぎに「容器の口が広くて混ぜやすい」という点ですが、ヨーグルトはもともと混ぜやすいのでどれでもそれほど問題ないのですが、甘酒や塩麴など結構重い材料を混ぜるとき、容器の口が狭いと均等に混ぜるのが結構大変なのです。TANICAのヨーグルトメーカーは容器の口が広いので、混ぜるのが楽です。

最後に「オプションアイテムが充実している」という点。ヨーグルティアSとKAMOSICOはサイズが同じなのでオプションアイテムはどちらでも使えます。上に書いた耐熱ガラス製ポットや温玉メーカー、ギリシャヨーグルト用の水切りバスケットがオプションで販売されています。プラ製容器だと匂いが気になるものを作るときや、容器が2つじゃ足りない!というときも耐熱ガラス製ポットが購入できるので安心です!

商品を取得できませんでした。存在しないASINを指定している可能性があります。
TANICA
価格 容量 温度設定 タイマー 容器 備考
専用容器 ヨーグルティアS 10,800 1.2L 25-70℃ 1-48時間 プラ製1.2L x 2個
ガラス容器のセットもあり
ブザー
コード収納
KAMOSICO 10,260 1.2L 25-65℃ 1-48時間 プラ製1.2L x 2個
水切りバスケット

 

コスパ最強!アイリスオーヤマのヨーグルトメーカー

アイリスオーヤマはなんと8種類ものヨーグルトメーカーを販売!価格は一番安いもので1,840円からととってもリーズナブルです。牛乳パックのまま仕込める縦型タイプと専用容器で作る横型(平べったい)タイプに大きく分かれ、あとは細かな温度設定の可否や作れるメニューの違いで選ぶ機種が変わります。詳細なスペックは下部に表でまとめますが、おすすめは以下の2機種!

ヨーグルトメインなら牛乳パック型の「IYM-014」がおすすめ!
「IYM-014」のおすすめポイント
  • 牛乳パックのまま仕込めて簡単!
  • 縦型スリムで場所を取らない!
  • 安い!

「基本的にヨーグルト用に購入、他の発酵食品はつくってもたまに」程度であればおすすめは間違いなく「IYM-014」です。場所をとらず手軽で安い、無駄をそぎ落としたモデル

縦型は牛乳パック(あるいは縦型の細い専用容器)で混ぜるので少し混ぜにくいのが難点ですが、ヨーグルトを作る分にはまず問題ないかと思います。ただ甘酒などを作る場合、容器いっぱいに材料をセットしてしまうとまず混ぜられないので頻繁に甘酒や塩麴など他の発酵食品も作るなら他の機種がおすすめになります。ちなみに、一番安いのは2,480円の「IYM-011」という機種なのですが、これは温度設定的に完全にヨーグルト向けで他のものは作れません。「絶対にヨーグルトしか作らない!」という断固たる決意がある場合はこちらでもいいと思います。(が、作り始めたら楽しくなっていろいろ作りたくなると思うのでおすすめはIYM-014にしました。)

商品を取得できませんでした。存在しないASINを指定している可能性があります。
いろいろな発酵食品を作りたいなら専用容器型の「PYG-15P」がおすすめ!
「PYG-15P」のおすすめポイント
  • そのまま食卓にも出せるかわいい陶器の専用容器!小分け容器もあり
  • 高スペック・低価格

いろいろな発酵食品を作りたい&安い機種なら間違いなく「PYG-15P」です。TANICAのKAMOSICOと発酵機能的にはほぼ同等のスペックで価格は半額。また、専用容器は陶器のコロンとした形の壺型で、そのまま食卓に出してもとってもかわいい。更に150mlの小さい容器もついていて、ヨーグルトを作る場合はこちらに入れればそのまま出すだけでいいので更にらくちんです。難点はTANICAのところで触れたとおり容器の殺菌に煮沸消毒が必要なことですが、それさえ気にならなければPYG-15Pがおすすめです。

商品を取得できませんでした。存在しないASINを指定している可能性があります。
アイリスオーヤマ
価格 容量 温度設定 タイマー 容器
牛乳パック IYM-011 2,480 1L 25/ 45℃ 1-12時間
IYM-012-W 3,780 1L 25-65℃ 1-48時間 プラ0.8L
IYM-014 3,480 1L 25-65℃ 1-48時間 プラ0.9L
IYM-013-W 5,000 1L 25-65℃ 1-48時間 プラ0.9L x 2個
専用容器 PYG-15A 1,840 1.5L 27/41/60℃ 1-48時間 陶器製1.5L x 2個
陶器製0.15L x 8個
PYG-103A 1,980 1L 27/41/60℃ 1-48時間 プラ製1L x 2個
PYG-15P 3,980 1.5L 25-65℃ 1-48時間 陶器製1.5L x 2個
陶器製0.15L x 8個
PYG-10PN 4,980 1L 25-65℃ 1-48時間 陶器製500ml x 2個
陶器製0.15L x 8個
納豆専用トレー

まとめ

さて、ほしい機種は絞り込めましたか??ちょっとゴチャゴチャと書いてしまったのでまとめると以下の通り。

  • とにかく手軽に!更に発酵食品に加えて低温調理もやりたいならTANICAのヨーグルティアS
  • とにかく手軽に!だけど低温調理はやらないならTANICAのKAMOSICO
  • 基本的にヨーグルトメインの使用でリーズナブルな機種ならアイリスオーヤマのIYM-014
  • いろいろな発酵食品を作りたい!煮沸消毒全然OK、リーズナブルな機種ならアイリスオーヤマのPYG-15P

最後までお読みいただきどうもありがとうございました!みなさんにお気に入りのヨーグルトメーカーが見つかりますように!

Follow me!

コメント

  1. […] 作り方 温度をきっちり43℃に保つ必要があるのでヨーグルトメーカーは必須です!私はTANICAのヨーグルティアユーザーですがもちろん他の機種でも。おすすめは別の記事でまとめています。 http://fermentedfoodsjapan.com/2018/12/05/%e7%94%98%e9%85%92%e3%82%84%e8%a5%bf%e4%ba%ac%e5%91%b3%e5%… […]

  2. […] 作り方 温度をきっちり43℃に保つ必要があるのでヨーグルトメーカーは必須です!私はTANICAのヨーグルティアユーザーですがもちろん他の機種でも。おすすめは別の記事でまとめています。 http://fermentedfoodsjapan.com/yogurtmaker/ […]